« アグファ・ビリー | トップページ | コンパクト、ヤシカエレクトロ35MC »

2006年9月 6日 (水)

ケースも可愛い、Bolsey Model B2

Bolseyb2 スイス人ヤコブ・ボルスキーがアメリカに渡って、設計した写真機。変わった写真機である。

1949年(昭和24年)発売。ボディーが台形で、大きさもタバコの箱くらいである。小さくて可愛い。ケースも女の子が好むように可愛い。重量も530gと軽い。

シャッターはエバーセット式と呼ばれるシャッターが搭載されているが、初めて見るスタイルである。簡単な構造とはいえ、1/200のシャッター速度を持っている。T、B、1/200、1/100、1/50、1/25、1/10。セルフタイマーはない。シャッターがバネを弾くので、1/200の高速を備えているので、ばね圧が高いため、手ブレを起こすと言う欠点がある。

絞りは3.2、4、5.6、8、11、16、22。撮影距離は0.66mから無限遠。レンズはウォーレンサック・アナスティグマット44mm、F3.2。3枚玉。

簡単な構造の割りに、連動距離計が搭載されている。一般的にある二重像合致式ではなく、上下合致式である。ビューファインダーは別窓となっている。距離をあわせた後、ビューファインダーをのぞいて、フレミングする。

手ブレが多いといわれるので、三脚は必需品??。

フィルム装てんは下部にあるレバーをopenの方に回転すると、背面と底が一体でハズレる構造である。

写真機背面に絞りと距離をダイヤルで計算する早や分かり表が取り付けられている。

|

« アグファ・ビリー | トップページ | コンパクト、ヤシカエレクトロ35MC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケースも可愛い、Bolsey Model B2:

« アグファ・ビリー | トップページ | コンパクト、ヤシカエレクトロ35MC »